top of page

てつじん4号(小学6年生から転塾)頌栄女子学院中学校、普連土学園 合格

私は、小学6年生の初めに茶理庵に入塾しました。​

それまでは、有名な大きな塾に通っていたのですが、算数や理科がどうしてもわからなくて、毎日、授業が終わって帰宅してから父に教えてもらう日々でした。でも、それでは、だんだんと「間に合わなくなって」きて、心機一転、茶理庵に入塾しました。


入塾して初めてチャーリーから出された課題は、「春たけなわ」という変な名前のついたプリント集でした。もらった当初は「やる気まんまん」でしたが、他にもいろいろやることがあって、しかも まだ茶理庵のペースに慣れない私にとって、初めて感じた「山」でした。全然、進まなくて、チャーリーに怒られて、超特急でやったのをよく憶えています。


結局、その時の「チェックテスト」は合格できなかったけれど、「○△算」という特殊算がかなり解けるようになったように思えます。


そして5月。

本当に、大きな大きな課題が出されました。それは“ピンク”とみんなに呼ばれていた問題集です。それも私は「春たけなわ」に続けて、私の力ではどうすることもできずに放置してしまいました。そこで、またもやチャーリーに叱られ、やっと渋々やり始めたのは8月頃でした。でも私は、そこからものすごいペースでやりました。


後で、このときに、きちんとやっておいて良かったな、としみじみ思いました。本番の入試問題にも、やった問題がいくつも出たんですよ!(ちなみに、私はこのテキストを入試の算数の直前まで見ていました。)とても、安心できました。他にも、私の大好きな「相似形」がたくさん載っている「G7」や、理科の“ピンク”も、本当にやっておいて良かったと思いました。


今まで大キライだった理科は、合不合判定テストで偏差値「60」近くとれるようになって、私にとって「一番スキな教科」になりました。理科を教えてくれたテツジンは、「キライ」を「スキ」に変えてしまう“達人”だと思います。


テツジンは、授業の中でたくさん笑わせてくれます。テツジンの授業で、「授業が早く終わらないかな~」なんて思ったことは、一度もありません。いつも気がつくと、「あれ?もうこんな時間!!」となっているのでした。


チャーリーの授業は、“おもしろい”と言うより、「ウケる~♪」という感じです。最後の方でチャーリーが、自分のことを「神の使い」とふざけていたのを憶えています。そんな姿を見ていると、母や父(やチャーリー本人)に怒られた後でも、自然と明るい気持ちになれました。​これから毎日、あの元気な二人の顔が見られなくなるのかと思うと、少しさみしくなります。


私は、2月1日の第一志望校、頌栄女子学院が不合格でした。。

2日の午前のS中学の結果も不合格で、2日の夜はさすがに心が折れそうでした。​けれど、3日の普連土学園の合格を知って、だいぶ心が楽になりました。


そして4日は、テツジンに算数と理科の“予想問題(5日の頌栄 対策)”を出してもらい、教室で自習していました。そこへ、男子が一人入ってきました。「合格しました!」とその子が言ったのを、私は背中で聞いていました。茶理庵では、普段、男子も女子もみんな和気あいあいとしていて、仲も良かったのですが、その時、私は振り向くことができませんでした。


「おめでとう!」と声をかけることもできなかった。。私は…悔しかった。私も言いたい。早くチャーリーやテツジンに言いたい。その日、その後、家に帰ってからも、テツからもらった「予想問題」を2~3時間ぐらい解いていました。


“あの時”が、たぶん今までの人生の中で一番 悔しく歯がゆい瞬間だったと思っています​。


そしてそして2月5日。私の第一志望校、頌栄女子学院の2回目の入試でした。

朝、学校に行くと、校門の近くにチャーリーとテツジンの2人が そろって待っていてくれました。2人と握手して、学校に入りました。入試が終わってからは、母とおしゃべりしながら家路につきました。


そしていよいよ発表の2月6日。

私は、発表を見に行ってくれた母に電話をしました。

「どうだった?」

母は(わざと)暗い声を出しながら「どっちだと思う?」と言って、一瞬 間が空きました。

私は、ドキッとしましたが、「おめでとう!」と母の声が聞こえてきて、喜びが爆発、噴火しました。飛び叫ぶ私に弟が心配して「どうしたの?」と聞いてきました。「合格だって!!」と言ったとき、実感がわいてきました。弟も喜んでくれました。


最後に、最後の最後まで、私と共にハラハラして、喜んでくれたチャーリー、テツジンに、ありがとう!これからもたくさん遊びに行きます!

関連記事

すべて表示

ビーンズバスター(新小学5年 2月から入塾)國學院久我山(ST)、國學院久我山(一般) 合格

僕は、4年生の2月ごろに、茶理庵に入塾しました。 僕は、最初の頃、茶理庵の教室に行くのが、正直とてもダルかった。 特に、最初は忘れ物が多くて、それをごまかそうと、その都度アホらしいウソをついていた。 でも、チャーリーにウソは通用しない。毎回必ずウソを見抜かれ、怒られる。このサイクルをイヤというほど繰り返していた。 その結果、天敵チャーリーさえ、うまくやり過ごすことができれば…と思った僕は、「チャー

おむすびどこりん(新小学4年 2月から入塾)大妻中学、山脇学園、他 合格

私は、3年生の冬に茶理庵に入塾しました。 友達と一緒に、体験授業を受けに行ったのですが、短い時間の間に、他の塾とは違うイイところ をたくさん見つけることができました。 私は、茶理庵独特の雰囲気や授業の楽しさに惹かれ、入塾を決めました。 テツジンは、暗記や復習といった地道な努力を全然しなかった私を、最後の最後まで見放さないでいてくれました。 受験当日に、電話で話してくれた言葉は、一生忘れません! チ

アナと白紙の女王(新小学4年 2月から入塾)國學院久我山中学、他 合格

私は、小学3年生の終わりころ、茶理庵に通い始めました。 4年生の時は、まだ受験生という実感はありませんでしたが、塾の小テストで追試になることもほとんどありませんでした。 なので、調子に乗っていたんだと思います。 5年生になると、ほとんど毎回と言っていいほど「追試の連発」でした。 追試になって、母に怒られるのが嫌で、点数をごまかして家族も先生たちもうまくだませているつもりでいました。 でも、、、チャ

Commentaires


bottom of page