top of page

むっくりチャリ子(小学4年生 冬から転塾)神奈川学園中学校、実践女子学園、他 合格

漢字なんか書けなかった。

漢字の練習なんかしたこともなかった。

計算だって。

勉強する意味も理由も わからなかった。

「勉強しても、イイことなんかない」と思っていた。

だって、勉強しても、誰にもほめてもらったことなんかなかったから。​

Nから茶理庵に転塾するまで、

塾は学童みたいなもの、遊んでいればいいと思っていた。

遊んでいても、誰からも何も言われたこともなかった。


でも、ここ(茶理庵)では違った。

ここに来たら、そんな余裕はなかった。

でも、かと言ってイヤなことだらけだったわけではない。

先生たちとの毎日の会話が、すごく楽しかった。

とくに、チャーリーなんか、本当のおじいちゃんみたいで、​すごくかわいがってくれた。


5年生になってから、漢字の小テストの点数が少しずつ上がってきた。

これは、テツジンのおかげだ。

(もちろん、チャーリーも関係しているけれど)

毎日、授業を受けた後、チェックしてもらっていた。

「家で勉強できない子」だったから、授業がない日も教室で勉強するようになった。

そうこうしているうちに6年生になって、漢字テストも合格するようになり、

テツジンの漢字チェックはなくなった。

でも、もうほとんど、落ちることはなくなっていた。


たくさん怒られもした。

三者面談もしたし、授業を受けさせてもらえずに自習したこともあった。

がんばって褒められようともした(ほめてもらえなかったけれど)。

でもそれは、ほめられると安心してしまってやらなくなる自分だから、​しかたのないこと。


夏休みが終わり、2学期になって、冬休みも終わって、ついに残り1日になった。

塾で、「当日の流れ」の説明を聞いていたので、

そのおかげでバタバタすることなく、当日の朝を迎えられたと思う。


受験が終わって、今思うことがある。

これからの私は、自ら勉強に取り組みたい。

​中学生になったら、学年の上位4分の1以内の成績を目指している。

関連記事

すべて表示

ビーンズバスター(新小学5年 2月から入塾)國學院久我山(ST)、國學院久我山(一般) 合格

僕は、4年生の2月ごろに、茶理庵に入塾しました。 僕は、最初の頃、茶理庵の教室に行くのが、正直とてもダルかった。 特に、最初は忘れ物が多くて、それをごまかそうと、その都度アホらしいウソをついていた。 でも、チャーリーにウソは通用しない。毎回必ずウソを見抜かれ、怒られる。このサイクルをイヤというほど繰り返していた。 その結果、天敵チャーリーさえ、うまくやり過ごすことができれば…と思った僕は、「チャー

おむすびどこりん(新小学4年 2月から入塾)大妻中学、山脇学園、他 合格

私は、3年生の冬に茶理庵に入塾しました。 友達と一緒に、体験授業を受けに行ったのですが、短い時間の間に、他の塾とは違うイイところ をたくさん見つけることができました。 私は、茶理庵独特の雰囲気や授業の楽しさに惹かれ、入塾を決めました。 テツジンは、暗記や復習といった地道な努力を全然しなかった私を、最後の最後まで見放さないでいてくれました。 受験当日に、電話で話してくれた言葉は、一生忘れません! チ

アナと白紙の女王(新小学4年 2月から入塾)國學院久我山中学、他 合格

私は、小学3年生の終わりころ、茶理庵に通い始めました。 4年生の時は、まだ受験生という実感はありませんでしたが、塾の小テストで追試になることもほとんどありませんでした。 なので、調子に乗っていたんだと思います。 5年生になると、ほとんど毎回と言っていいほど「追試の連発」でした。 追試になって、母に怒られるのが嫌で、点数をごまかして家族も先生たちもうまくだませているつもりでいました。 でも、、、チャ

Comments


bottom of page