top of page

チップくん(小学3年 夏から入塾)鎌倉学園中学校 他、合格

3年前のある日、母にむりやり、名前も聞いたことがない「茶理庵」という塾の体験に行かされた。僕は、とても緊張しながら扉を開けたことを憶えている。すると、知人がいた。思わず「あっ。」と声が出てしまった。


茶理庵という塾は、授業が本当におもしろかった。僕は心の中で「ここなら続けていける」と思った。4年の春には「ピンホール カメラ」を作ったりした。楽しくてたまらなかった。5年生になると、勉強の量も増えてきて大変だった。6年生になるとさらに量も増え、何度かやめたくなった。しかし、なんとかこらえた。


12月になって、急に算数が楽しく感じられるようになった。家でも、算数はたくさん解いた。結果、「算数選抜」という入試で、僕は「行きたい学校」に合格(うか)った。


僕は、受験勉強を乗り越えていくには、「勉強を好きになる」ということが大切だと思う。僕は、算数が好きになってからは、暗記するスピードも速くなった。受験勉強が「楽しい」と感じられなくても、「楽しいな」と口に出しながら勉強するといいと思う。

関連記事

すべて表示

私は、小学3年生から茶理庵に入塾しました。 姉が茶理庵生だったこともあって、私は、塾に入るなら茶理庵しかない!と思っていました。だから、他の塾の体験には、一切行きませんでした。 小学2年生の終わるころ、親に「塾に入りたい」と言ったら、「まだ、早いんじゃない?」と言われましたが、頑固な私は食い下がって、茶理庵の体験授業に連れていってもらいました。私は、小学1年生の頃から、算数の問題を解くのが好きで、

私は、小学3年生の冬(新小学4年生の2月)から茶理庵に入りました。 無料の体験授業で、チャーリーやテツジンの”ユニークな授業”に惹かれて入塾を決めました。 中学受験の航海に出て、私が直面した最初の課題は「復習」でした。6年生になって、「ドジノートの提出が義務ではなくなる」と、ちょくちょくサボってしまうことがありました。 それでも前期のうちは、まだなんとか踏みとどまっていたのですが、夏休みを過ぎたあ

僕は、4年生の夏から、茶理庵に通い始めました。 それまでは、「個別指導塾」に通っていましたが、親の薦めで、茶理庵の体験授業を受けてみました。 すると、授業がとてもおもしろくて、入塾することにしました。入塾すると、仲間たちと過ごす時間がとても楽しく感じられました。 塾での勉強は、4、5年生のときは大きなつらさを感じることはありませんでしたが、さすがに6年生になると、徐々につらさを感じ始めました。 特

bottom of page