top of page

テツジニスト(小学6年生から転塾)法政大学第二中学校、日本大学中学、他 合格

僕は小学3年生の頃から、中学受験とは関係ない塾に通っていました。


​4年生になって、塾を変えないまま中学受験勉強を始めましたが、受験勉強の内容は難しく、やる気もほとんど出ませんでした。そのまま6年生を迎えてしまい、今になって思い返すと、勉強の仕方もわからないままに、ただがむしゃらに文字を書いているだけでした。


当然、第一志望校にはお門違いな成績が続き、入試本番まであと4ヶ月と迫った10月から、茶理庵に思い切って移籍しました。


茶理庵で授業を受けるようになって、ようやくはじめて受験勉強の方法がわかってきました。教えてもらったことはいろいろありますが、一番うるさく言われたのは、「授業の復習をきちんとやる」ということでした。


さらに、苦手だった算数は、問題集の中からテツジンが志望校の対策として指定してくれた問題だけ、解き方を理解するまで何度も何度も繰り返して、解き続けました。


また、過去問などでわからない問題が見つかったら、直ぐにチャーリーやテツジンに質問に行って、「分かる問題」「解ける問題」を増やしていきました。それから、成績が少しずつ上がっていくのが、自分でもわかり、少し自信がつきました。


それでも、入試直前に、過去問で「合格最低点」を下回ることもあり、自信と不安の入り混じる不安定な気持ちのまま2月1日を迎えました。


2月1日は、午前、午後ともに、日本大学中学を受験しました。午前の試験で、算数の手応えが良くなく「あ〜もうダメだ」と思いました。でも、茶理庵に電話して、テツジンと話すと、少し元気が出てきました。そのおかげもあって、午後もがんばって問題を解けました。


その日の夜、不安だった「午前の試験」でも”合格”しているのを見て、すごーーーーく安心しました。​

いよいよ次の日、第一志望校の「法政大学第二中学校」を受験しました。

その日の朝、なんと!!!試験会場にテツジンが来てくれていました!問題を解く時のコツを確認して、最後に「ガンバってこいよ〜!」と言って、送り出してくれました。そのおかげで僕は、全力で問題に取り組むことができました。


結果は、見事に合格することができました!合格を知った瞬間の喜びは、絶対に忘れられないと思いました。

関連記事

すべて表示

ビーンズバスター(新小学5年 2月から入塾)國學院久我山(ST)、國學院久我山(一般) 合格

僕は、4年生の2月ごろに、茶理庵に入塾しました。 僕は、最初の頃、茶理庵の教室に行くのが、正直とてもダルかった。 特に、最初は忘れ物が多くて、それをごまかそうと、その都度アホらしいウソをついていた。 でも、チャーリーにウソは通用しない。毎回必ずウソを見抜かれ、怒られる。このサイクルをイヤというほど繰り返していた。 その結果、天敵チャーリーさえ、うまくやり過ごすことができれば…と思った僕は、「チャー

おむすびどこりん(新小学4年 2月から入塾)大妻中学、山脇学園、他 合格

私は、3年生の冬に茶理庵に入塾しました。 友達と一緒に、体験授業を受けに行ったのですが、短い時間の間に、他の塾とは違うイイところ をたくさん見つけることができました。 私は、茶理庵独特の雰囲気や授業の楽しさに惹かれ、入塾を決めました。 テツジンは、暗記や復習といった地道な努力を全然しなかった私を、最後の最後まで見放さないでいてくれました。 受験当日に、電話で話してくれた言葉は、一生忘れません! チ

アナと白紙の女王(新小学4年 2月から入塾)國學院久我山中学、他 合格

私は、小学3年生の終わりころ、茶理庵に通い始めました。 4年生の時は、まだ受験生という実感はありませんでしたが、塾の小テストで追試になることもほとんどありませんでした。 なので、調子に乗っていたんだと思います。 5年生になると、ほとんど毎回と言っていいほど「追試の連発」でした。 追試になって、母に怒られるのが嫌で、点数をごまかして家族も先生たちもうまくだませているつもりでいました。 でも、、、チャ

Comments


bottom of page