top of page

ビクトリーボーイ(小学3年生からの入塾)青山学院中等部、慶應義塾中等部(一次)他、合格

ぼくは、チャーリー伝説を1つは守れて、1つは守れませんでした。


守れたことは、「青山学院中等部 全員合格」で、

守れなかったことは、「慶應義塾中等部の一次試験を突破した受験生の 二次試験突破率100%」ということです。


慶應義塾中等部は第一志望校だったので、父と母は、今でも面接のことを悔しがったり、残念がったりしていますが、ぼくは中学受験の結果にとても満足しています。


それは自分ではベストを尽くすことができたと思っているからです。


6年生の夏まで、サッカーの練習や試合にも出ていたので、勉強との両立は大変でした。けれども茶理庵の授業は楽しかったので、最後までがんばりとおすことができました。

社会のゲーム形式の一問一答戦、理科の実験、国語の「なんとかしてよノート」、算数の「涙のサンダーロード」など、一つ一つが自信につながりました。


チャーリー、テツジン、ドロドロ、本当にありがとうございました。

関連記事

すべて表示

キンモク星人(小学3年 4月から入塾)フェリス女学院中学、愛光中学 合格

私は、小学3年生から茶理庵に入塾しました。 姉が茶理庵生だったこともあって、私は、塾に入るなら茶理庵しかない!と思っていました。だから、他の塾の体験には、一切行きませんでした。 小学2年生の終わるころ、親に「塾に入りたい」と言ったら、「まだ、早いんじゃない?」と言われましたが、頑固な私は食い下がって、茶理庵の体験授業に連れていってもらいました。私は、小学1年生の頃から、算数の問題を解くのが好きで、

吾輩は鳩である。(新小学4年 2月から入塾)鷗友学園女子中学、田園調布学園 合格

私は、小学3年生の冬(新小学4年生の2月)から茶理庵に入りました。 無料の体験授業で、チャーリーやテツジンの”ユニークな授業”に惹かれて入塾を決めました。 中学受験の航海に出て、私が直面した最初の課題は「復習」でした。6年生になって、「ドジノートの提出が義務ではなくなる」と、ちょくちょくサボってしまうことがありました。 それでも前期のうちは、まだなんとか踏みとどまっていたのですが、夏休みを過ぎたあ

しょうが焼き(小学4年 9月から転塾)浅野中学、逗子開成、山手学院(特待) 合格

僕は、4年生の夏から、茶理庵に通い始めました。 それまでは、「個別指導塾」に通っていましたが、親の薦めで、茶理庵の体験授業を受けてみました。 すると、授業がとてもおもしろくて、入塾することにしました。入塾すると、仲間たちと過ごす時間がとても楽しく感じられました。 塾での勉強は、4、5年生のときは大きなつらさを感じることはありませんでしたが、さすがに6年生になると、徐々につらさを感じ始めました。 特

bottom of page