top of page

“合格体験記”は、合格攻略本と同じ

身近で、「合格した」という話を聞くと、我がことのようにうれしくなるものですよね?

そして、「よ~し、次は私(うち)だ!」と親子で思えることでしょう。


また、

「どうやって勉強したの?」

「どこの塾に行ってたの?」と、いろいろ聞いてみたくもなるでしょう。


ですが、合格体験談を聞いて、そのときに感じることは人それぞれのようです。

主に、2パターンあるように思います。


1つ目は、

「なるほど~そういう努力をしたのかー。よ~し!うちも参考にしよう!」と思うか?

それとも、

「うちには合わないな~。うちとは事情が違うし、、、」と、違いを感じてしまうか?

…あなたなら、どっちの気持ちを持つでしょうか?



うちのホームページでも、塾生たちの合格体験談を「合格たいへん記」としてご紹介しております。実は、ボクが一番気に入っているコーナーのひとつです。


塾生一人ひとりの「合格たいへん記」をご覧になられて、前者のように感じるか、後者のように感じるか? あなたは、どちらでしょうか?

自分も採り入れてみようかな…でしょうか?

他人は他人(他家は他家)…でしょうか?


きちんとした統計があるわけではありませんが、

前者のように「どこか参考にしてみよう」とお読みになられる方々のほうが、おそらく合格に近いのではないでしょうか?


なぜ?

それは、「引き出し」がどんどん増えていくと思うからです。


状況的に、環境的に、時期的に、今すぐ使えない内容だったとしても、「参考にしよう」と考えていたなら、いつかどこかで使えるシチュエーションが来る、と思うのです。


ですが、「自分とは違う」と一刀両断して捨ててしまっていたら、「努力(や工夫)の引き出し」は増えていきません。


また、そもそも、自分と全く同じケースというのは、ほぼ あり得ない話です。となると、必然的に「得られる有益情報」もかなり減ってしまうことになります。

これでは、もったいないのですね。


ただ、「まるごと猿マネ」するのではなく、わが家ならどうするか?


“(3人の息子さんと1人の娘さんの4人全員を東大医学部に入学させた)佐藤ママ”の著書や記事を読まれて、「よし、マネしてみよう」と思われても、なかなか思い通りには進まないという方が多いのではないか?と思います。


理由は簡単です。

あなたはあなた で、決して佐藤ママではないからです。

誰もが佐藤ママにはなれないし、佐藤ママ以外の誰かが佐藤ママのように行動するのは、たいへん難しいことだと思うのです。

誰もが憧れるけれど、誰もが簡単にはなれない。だからこそ、本も売れるというものではないでしょうか?


しかし、だからと言って、バッサリ切り捨ててばかりいたら、なんとももったいないと思います。


全部をそのまま猿マネはできないけれど、「自分だったら…?」と置き換えて考えてみることができるか、どうか?


これを「アレンジ力」と呼んでいますが、

ぜひ、いろいろな情報をまずは、「自分(わが家)なら、どう使えるかな?」とアレンジを加えながら、お読みになってみてください。


合格たいへん記は、【塾生編】と【保護者編】との2つがあります。

うまくいった方法も失敗してしまったという方法も、どちらも載せております。あなたに合う合格攻略法がきっと見つかることと思いますよ😊


合格タイヘン記は こちらから お読みいただけます。

Comments


bottom of page