top of page

​大魔王帝国(小学4年生 冬から入塾)渋谷教育学園渋谷中学、東京学芸大世田谷中学 他、合格

4年生の12月に「中学受験をする」と決めた私は、最初の塾を「茶理庵」と決めました。


人見知りが強めだった私は、茶理庵での初めての授業で、3、4年生から通塾している子たちと馴染めるのか心配でしたが、​チャーリーとテツがフレンドリーに話しかけてくれて、すぐに茶理庵が大好きになりました。​


チャーリーとテツの授業がすご~く楽しくて、茶理庵に通うことが、私にとって「一つの楽しみ」になっていきました。


しかし、“楽しいだけじゃ受験を乗り切れない”ことを初めて実感したのは、第一志望校の算数の過去問を解いた時でした。​算数は得意科目だったのに、とても難しく感じられ、わずか26点しかとれませんでした。(ちょっとナメていたな…と思い、かなり反省しました。)


それからの夏期講習は、テツとチャーリーに質問しながら、頑張るギヤを上げました。でも、長くは続かず、9月に入り、少し成績が上がり始めると、「ちょっとくらいサボっても、大丈夫なんじゃね?」と、だらけ始めました。


「成績というものは、とっても正直者」で、10月の合不合判定模試で第一志望校の合格可能性が10%に落ちてしまい、​かなりの絶望を感じました。


それからも、成績は上昇・下降をくり返し、気がつけば冬12月になっていました。残り50日を切り、やっと「超本気」にならなければならないと気がつきました。


チャーリーから、苦手な単元の理科と社会の課題を出してもらい、とにかく、数多くこなすことに専念していました。そんな時チャーリーに、「多くこなせば、イイってもんじゃない」と言われ、気持ちだけが興奮して、勉強をテキトーな流れ作業にしてしまっている自分に気がつきました。


いざ、2月1日。

私は、渋谷教育学園渋谷を受験しました。

結果が不明なまま、午後に広尾学園を、2日には、渋渋の2回目を受験しました。2月2日の受験では、チャーリーからの助言を思い出し、着席して掌に“5”を書きました。


​試験会場から出てきた私を待ち受けていたのは、渋谷教育学園渋谷の1回目の不合格でした。午後は、茶理庵の教室に行って、次の受験に向けて勉強することになりました。


勉強しながら、ふと「今日、合格した人たち」のことを想像すると、チャーリーが12月に「合格と不合格とは、別世界だ」と話していたのを思い出し、心の底から実感しました。​


この席で、つい 一昨日まで肩を並べて笑い合っていた仲間たちとの間にできた、合格と不合格との大きな壁を感じ、受験生活の中で、一番悲しくてつらい瞬間でした。しかし、いくら悔やんでいても、今の私には、死にもの狂いで勉強する以外にすることはない、と思い直し、とにかく、とにかく、必死に取り組みました。


2月3日の東京学芸大学附属の受験は、「必勝を期す」や「(茶理庵神社の)お守り」に書かれていたことを思い出して、とにかく「ていねいに」受けることに集中しました。


受験が終わり、出てきた時、母から伝え聞いたのは、あきらめかけていた第一志望校、渋谷教育学園渋谷中学の第2回試験の合格でした。嬉しさと喜びが身体の奥底から、止めどなく湧きあがってきて、

世界が明るく見えました。


楽しくてたまらなかった茶理庵生活を作り上げてくれたチャーリーとテツに合格を伝えることができて、本当にうれしかったです。


茶理庵生活が終わってしまうのは さみしいの一言ですが、「行きたかった中学校」で、精いっぱい楽しみたいと思っています。

2年間を支えてくれた茶理庵に感謝!​そして…これからも遊びに行きます^^

関連記事

すべて表示

ビーンズバスター(新小学5年 2月から入塾)國學院久我山(ST)、國學院久我山(一般) 合格

僕は、4年生の2月ごろに、茶理庵に入塾しました。 僕は、最初の頃、茶理庵の教室に行くのが、正直とてもダルかった。 特に、最初は忘れ物が多くて、それをごまかそうと、その都度アホらしいウソをついていた。 でも、チャーリーにウソは通用しない。毎回必ずウソを見抜かれ、怒られる。このサイクルをイヤというほど繰り返していた。 その結果、天敵チャーリーさえ、うまくやり過ごすことができれば…と思った僕は、「チャー

おむすびどこりん(新小学4年 2月から入塾)大妻中学、山脇学園、他 合格

私は、3年生の冬に茶理庵に入塾しました。 友達と一緒に、体験授業を受けに行ったのですが、短い時間の間に、他の塾とは違うイイところ をたくさん見つけることができました。 私は、茶理庵独特の雰囲気や授業の楽しさに惹かれ、入塾を決めました。 テツジンは、暗記や復習といった地道な努力を全然しなかった私を、最後の最後まで見放さないでいてくれました。 受験当日に、電話で話してくれた言葉は、一生忘れません! チ

アナと白紙の女王(新小学4年 2月から入塾)國學院久我山中学、他 合格

私は、小学3年生の終わりころ、茶理庵に通い始めました。 4年生の時は、まだ受験生という実感はありませんでしたが、塾の小テストで追試になることもほとんどありませんでした。 なので、調子に乗っていたんだと思います。 5年生になると、ほとんど毎回と言っていいほど「追試の連発」でした。 追試になって、母に怒られるのが嫌で、点数をごまかして家族も先生たちもうまくだませているつもりでいました。 でも、、、チャ

コメント


bottom of page