top of page

日本ちゃチャ茶!(小学2年生からの入塾)慶應義塾湘南藤沢中、芝、慶應義塾中等部(一次) 合格

自分は、何のために勉強をしているのだろうと考えたことも何度かありました。


ぼくは、小さいころから姉を見て「ぼくも受験しよう」と思っていました。しかし、そんなに受験は甘くはありませんでした。


本気を出して、自分の力で受験という壁を乗り越えなくてはいけません。

そのためには先生方の話をよく聞いて、理解したふりをするのではなく、自分の中に取り込むことが大切だとぼくは思っています。


問題がわからないのは恥ずかしいことではなく、自分の穴が見つかったのだから幸運だと思えれば、どんどん勉強したくなるはずです。


また、自分が何のために勉強しているのか、わからなくなったら、まず、自分の行きたい学校を見つけることが大切です。


つらい、苦しいこともいっぱいあります。でも、決して、自分の目の前の壁から逃げてはいけません。


ぼくは、茶理庵の先生と、同じ方向を向いて努力すれば、結果がついてくると自分で感じることができると思います。

がんばってください!

関連記事

すべて表示

キンモク星人(小学3年 4月から入塾)フェリス女学院中学、愛光中学 合格

私は、小学3年生から茶理庵に入塾しました。 姉が茶理庵生だったこともあって、私は、塾に入るなら茶理庵しかない!と思っていました。だから、他の塾の体験には、一切行きませんでした。 小学2年生の終わるころ、親に「塾に入りたい」と言ったら、「まだ、早いんじゃない?」と言われましたが、頑固な私は食い下がって、茶理庵の体験授業に連れていってもらいました。私は、小学1年生の頃から、算数の問題を解くのが好きで、

吾輩は鳩である。(新小学4年 2月から入塾)鷗友学園女子中学、田園調布学園 合格

私は、小学3年生の冬(新小学4年生の2月)から茶理庵に入りました。 無料の体験授業で、チャーリーやテツジンの”ユニークな授業”に惹かれて入塾を決めました。 中学受験の航海に出て、私が直面した最初の課題は「復習」でした。6年生になって、「ドジノートの提出が義務ではなくなる」と、ちょくちょくサボってしまうことがありました。 それでも前期のうちは、まだなんとか踏みとどまっていたのですが、夏休みを過ぎたあ

しょうが焼き(小学4年 9月から転塾)浅野中学、逗子開成、山手学院(特待) 合格

僕は、4年生の夏から、茶理庵に通い始めました。 それまでは、「個別指導塾」に通っていましたが、親の薦めで、茶理庵の体験授業を受けてみました。 すると、授業がとてもおもしろくて、入塾することにしました。入塾すると、仲間たちと過ごす時間がとても楽しく感じられました。 塾での勉強は、4、5年生のときは大きなつらさを感じることはありませんでしたが、さすがに6年生になると、徐々につらさを感じ始めました。 特

bottom of page