top of page

Rさん 保護者さま(横浜共立学園中学校 に入学)

当時、娘を通わせていた某N塾では、クラスと席が2週に1度のテストの成績順。

そのテストの範囲は思う以上に広く、「目先のテストのための勉強」に追われる日々。

大事な復習時間は、次のテスト勉強でほとんど取れずじまい、それに加えて、先生への質問時間なんて微々たるもので、

理解できていない娘の塾内での成績は下がる一方。

席順も後退し、クラス落ちもし、やる気も失せるばかり。

そして、だからと言って、塾側から何らかの対応・対策をとるなどということは皆無でした。

娘が小学5年のお正月、家族旅行の草津温泉からの帰路のこと。

嬬恋村を経由して軽井沢に差し掛かったところで、「軽井沢は、何県でしょう?」と何気なく問うてみたら、

「ち、、千葉?」と娘が発したのです!

これはマズい!最低限、記憶されているはず程度の知識がまったくもって定着していない。

そりゃそうですよね。復習時間がないのだから。

復習に時間が割けないのだから、学んだはずの記憶が定着していない。

某N塾へ通い始め2年間が経とうとしていた矢先の「千葉」発言は、私が抱いていた不信が確信に変わり、

今振り返ってみると、「転塾」への絶好の転機・タイミングになったようです。

転塾先を探している中、幸運にも「茶理庵」にお子さんを通わせていらっしゃる知人から情報を得て、体験→入塾。

「茶理庵」では、厳選した問題をちゃんと理解するまで取り組ませ、「復習ノート(ドジノート)」できちんと記憶させます。

なんといっても、先生にいつでも質問ができる(質問しないと、叱られる)ので、

「わからない」を取りこぼさないのです。

娘は「茶理庵は楽しいよ!勉強が楽しい。仲間がいてうれしい!」とよく言っていました。

親として、ここへ通わせて間違いなかったんだとうれしく思えたのが、つい“この前”のようです。

手が届くかどうか微妙だった第一志望校にも、無事 合格させていただき、「茶理庵」にはとても感謝しております。

関連記事

すべて表示

Mさん 保護者さま(横浜女学院中学校 入学)

在塾中は大変お世話になりました。 入試は、第一志望校は残念な結果に終わってしまいましたが、この受験生活の中で、親子共々、多くの学びを得ることができました。 茶理庵で過ごした時間を、娘は、「本当に楽しかった…」と振り返っています。先生方や仲間たちとの思い出は、娘にとって一生の宝物になると思います。 今まで本当にありがとうございました。

Nさん 保護者さま(横浜女学院中学校 に入学)

6年生の6月、「転塾」するには遅い時期であるにもかかわらず、基礎知識もきちんと入っていない娘の状況を受け留め、入塾させていただけたことに、まず感謝でした(きっと、ここまで基礎すらできていないとは、先生方も思ってもみなかったでしょうが…)。 しかし、茶理庵の素晴らしい勉強方法と、いつでも質問できる環境、そして、根気よく教えてくださる先生方のおかげで、娘も自信がついていき、少しずつ「復習テスト」でも点

Kくん 保護者さま(日本大学中学校 に入学)

O先生、M先生 平坦な道のりではありませんでしたが、Kが楽しく通えそうな学校に、ご縁をいただくことができました。 最後まで、Kの応援をしてくださり、 ありがとうございました。 =K 母=

Commentaires


bottom of page