top of page

Tくん 保護者さま(成城中学校 入学)

“カリスマ”ママでもなければ、“御三家合格”の絵に描いたような息子でもない。

でも、こんなダメママと息子でも、「いい受験だった」と心から言うことができました。

そして、茶理庵を信じて4年間通い続けて、本当によかった!と心から言うことができました。


振り返ると、本当にいろいろなことがありました。

成績がずっと低迷して、このまま受験勉強を続けられるのか悩んだり、

どうしてできないんだろう?と自問自答したり…

まさに先の見えない不安に押しつぶされそうになり、

茶理庵にご迷惑をおかけしたこともありました。


今なら、当時のそんな狂った私に「大丈夫だよ。自分の息子と茶理庵を信じて。

『説明会・保護者会』や『個人面談』で指示されたことを、忠実にやっていけばいいんだよ。」と言ってあげられるのに。。

私自身、仕事をしていたので、そのことを言い訳に、最低限のフォローもサポートもできていなかったのに、何を不安になっていたのか…?


でも、本当に「手厚い塾」でした。

チャーリーに「びびりくん」とあだ名でからかわれるくらいメンタルも弱く、

保護者会の「例」に出てくるような、幼い幼い幼~い男の子。

だからこそ、茶理庵には、学習面だけでなく心身ともに鍛えていただきたいと思いました。

茶理庵で 息子の目が「うるうる」したことも1度や2度ではありません。

家で、暴れて泣いて叫んだこともあります。

でも、茶理庵が大好きで、先生たちが大好きで、そこでできた塾友が大好きで、​​

​通い続けることができました。


本番1か月前の6年生1月ともなれば、子も親も不安でいたたまれなくなります。

いろんな「最悪のシナリオ」が頭をよぎります。

でも、チャーリーの言葉どおり、

茶理庵の「最後の前日まで学力を上げる『追い込み』」はすごかったです。

息子もかなり弱点補強をしてもらいました。

メンタルもかなり鍛えてもらいました。もう、ある意味 洗脳ですよ!(笑)

うれしそうに「『できるようになってきた』って!『伸びてきてる』って!!」

いつも褒められることがないだけに、

その言葉が息子にどれだけ自信と勇気を吹き込んでくれたことか!

(もしかしたら茶理庵の作戦かもしれません。だとしたら、作戦に簡単にひっかかる素直な息子です。。。)


国語ができず、読解力がなく、最後まで模試の結果も悪く、偏差値は上がらず、本当に「どうなることやら…」で不安しかありませんでした。​

でも、息子の熱い思いだけは伝わってきました。

「あ~ チャーリーに『おめでとう』って言われたいんだよー」

「あ~ 成城中学の制服が着たいんだよー」

「あ~ 『合格大変記』書きたいよー 全部落ちたら、書けないもんなー」

こんなセリフを耳にしたら、何としても「桜よ咲け!」と、私も身が引き締まる思いでした。


しかし、2月は本当に苦労しました。

私自身も体験したことのない恐怖感に襲われました。

中学受験とはこんなにも苦しいものなのか。

どうしたら「◎」が点灯するのか。

息子も暴れて大変でした。家族中がもう大変でした。

1日が、1年に匹敵するぐらい、重く長い時間に思えました。

(過ぎてみれば、あっという間なんですけどね。)


世の受験生は、受験生の親は、こんな大変な受験を乗り越えてきているのか。

あ~ 私は思った以上に なんて弱い人間だと、何度 自分にうんざりしたことか。​

でもね、でも!大丈夫でした。

私たち親子には、茶理庵の「中学受験のプロ」がついていたんですから。

本当に、わが家は助けていただきました。

暴れる息子に、自信に満ちたアドバイスと「喝」を入れてもいただきました。

こんなに弱った情けない私にも、優しい言葉をかけていただきました。

テツだけでなく、チャーリーからもですよ?!(笑)

血迷っていた私に、「具体的な方向性」を示してくださいました。

親身になって、息子だけでなく、「家族」を支えていただきました。


​やっと、私も言うことができます。

「本当に『いい受験だった』」と。

「本当に、茶理庵を信じてよかった」と。

「本当に、茶理庵でよかった」と。

合格証を手にした、照れた息子の顔は一生忘れません。

受験が終わった息子は、清々しい顔をしています。

この体験は、まちがいなく彼を大人にさせてくれたようです。​


私たち家族が、合格の余韻に浸っているこの瞬間、もう茶理庵では、次の学年の子どもたちの「新しいスタート」がすでに切られているのですね。

私たちも、心から応援しています。がんばって!!

関連記事

すべて表示

Mさん 保護者さま(横浜女学院中学校 入学)

在塾中は大変お世話になりました。 入試は、第一志望校は残念な結果に終わってしまいましたが、この受験生活の中で、親子共々、多くの学びを得ることができました。 茶理庵で過ごした時間を、娘は、「本当に楽しかった…」と振り返っています。先生方や仲間たちとの思い出は、娘にとって一生の宝物になると思います。 今まで本当にありがとうございました。

Nさん 保護者さま(横浜女学院中学校 に入学)

6年生の6月、「転塾」するには遅い時期であるにもかかわらず、基礎知識もきちんと入っていない娘の状況を受け留め、入塾させていただけたことに、まず感謝でした(きっと、ここまで基礎すらできていないとは、先生方も思ってもみなかったでしょうが…)。 しかし、茶理庵の素晴らしい勉強方法と、いつでも質問できる環境、そして、根気よく教えてくださる先生方のおかげで、娘も自信がついていき、少しずつ「復習テスト」でも点

Kくん 保護者さま(日本大学中学校 に入学)

O先生、M先生 平坦な道のりではありませんでしたが、Kが楽しく通えそうな学校に、ご縁をいただくことができました。 最後まで、Kの応援をしてくださり、 ありがとうございました。 =K 母=

Comments


bottom of page