top of page

Tくん 保護者さま(武蔵中学校 入学)

1年間、たいへんお世話になりました。

短いようにも思いますが、未だ12年という息子の人生の中では、最も長く濃い1年であったと思います。


わが家は、「どうしても私立」という考えで始めた中学受験ではありませんでしたので、はじめのうちは、はっきりした志望校もなく、いろいろなご縁から巡り合った「武蔵」でした。

幼い息子には難しい学校 と知りながらも、諦めきれない学校でした。それだけの魅力にあふれた学校であり、親子ともども「行きたい」「行かせたい」と思えた唯一の学校でした。


反対を押し切って見に行った合格発表会場での「不合格」から、「補員繰り上げ」という、まるでドラマのような目まぐるしい展開の中でいただいた「合格」でした。


だらしのない息子がついて行けるのか不安ばかりですが、少しずつでも自立していってくれるのを、見守りたいと思っています。

躓いて、先生方にご相談に行くこともあるかと思います。

その際は、また「喝」を入れてやってください。

よろしくお願いします。

ほんとうに、ありがとうございました。​

関連記事

すべて表示

Mさん 保護者さま(横浜女学院中学校 入学)

在塾中は大変お世話になりました。 入試は、第一志望校は残念な結果に終わってしまいましたが、この受験生活の中で、親子共々、多くの学びを得ることができました。 茶理庵で過ごした時間を、娘は、「本当に楽しかった…」と振り返っています。先生方や仲間たちとの思い出は、娘にとって一生の宝物になると思います。 今まで本当にありがとうございました。

Nさん 保護者さま(横浜女学院中学校 に入学)

6年生の6月、「転塾」するには遅い時期であるにもかかわらず、基礎知識もきちんと入っていない娘の状況を受け留め、入塾させていただけたことに、まず感謝でした(きっと、ここまで基礎すらできていないとは、先生方も思ってもみなかったでしょうが…)。 しかし、茶理庵の素晴らしい勉強方法と、いつでも質問できる環境、そして、根気よく教えてくださる先生方のおかげで、娘も自信がついていき、少しずつ「復習テスト」でも点

Kくん 保護者さま(日本大学中学校 に入学)

O先生、M先生 平坦な道のりではありませんでしたが、Kが楽しく通えそうな学校に、ご縁をいただくことができました。 最後まで、Kの応援をしてくださり、 ありがとうございました。 =K 母=

Komentáře


bottom of page